理学療法士の仕事メリットとデメリット

どのような仕事でもメリットとデメリットがあるものです。

そして皆さんはそれを踏まえてどの仕事で働くかを決めると思います。

当然ですが理学療法士という仕事にもメリットとデメリットがあります。

この記事では理学療法士という仕事でのメリットとデメリットについて解説します。

最後まで読まれれば、理学療法士の仕事についてより詳しく知ることができます。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

理学療法士のメリット

どこでも好きなところで働くことができる

理学療法士は国家資格としてその地位が保証されています。

また仕事としての需要は日本全国にあります。

そのため働く地域や街を自らの判断で選ぶことができます。

会社の指示で勤務地が決まる会社員にはない大きなメリットです。

さらに勉強を重ねて海外で理学療法士の資格を取得すれば世界中のどこでも働くことも可能です。

自分も健康になれる

理学療法士は身体の機能が低下した人たちに、回復できる技術や知識を提供します。

そのため理学療法士は自分の持つ知識や技術を自身の健康のために使うことができます。

例えば機能回復のためのストレッチや体操を自分でも行うことで、自分の体調をよくすることができます。

治療体操の指導をするために自分が体操をして身体が軽くなることもあります。

給料をもらいながら自分も健康になれることは、理学療法士ならではのメリットだと言えます。

夜勤がない

医療や介護の仕事は「夜勤がある」というイメージがあります。

ところが理学療法士は仕事の特性上、夜勤をすることがありません。

夜勤だけはしたくないという人にとっては魅力的なメリットだと言えます。

(施設によっては「事務当直」と呼ばれるものを理学療法士が行うことがありますが、本人の意思確認が必要です)

理学療法士のデメリット

一般的なビジネスマナーのスキルを学びにくい

理学療法士は専門職のため養成校でも勤務先でも一般的なビジネスマナーについて学ぶ機会がほとんどありません。

名刺交換の仕方やビジネスメールの送り方など、会社員なら誰でも知っているマナーを知らずに損する機会があります。

ところが、理学療法士の中には会社員を経験したことがある人がいるので彼らはそのデメリットをカバーできています。

責任の重さ

理学療法士は患者様や利用者様と1対1で接する時間が長い仕事です。

施設によっては1時間程度マンツーマンの状態になります。

その間、身体の機能が低下し精神状態も不安定になりがちな人の心も受け止めてあげなければいけません。

これは理学療法士にとって想像以上のプレッシャーになることがあります。

デメリットをカバーしながらメリットを伸ばそう

理学療法士の仕事には特有のメリットとデメリットがあります。

専門職であるスキルを活かして充実した生活を送ることができます。

一方で他分野の知識不足を補う必要性があります。

また理学療法士特有のプレッシャーに打ち克つ必要があります。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする