理学療法士が行うリハビリに効果があるのか?

理学療法士が患者様や利用者様にリハビリを行う場面が多くなりました。

ところで理学療法士が行うリハビリってどこまで効果があるのか疑問を持たれたことはありませんか。

理学療法士のリハビリのおかげで無事治りましたという話があります。

一方で病気やケガは理学療法士がリハビリをしてもしなくても同じだという声があります。

また高齢者では年齢を理由にリハビリの効果を否定する人がいます。

でも実は理学療法士が行うリハビリによって高い効果を出せることをご存知でしょうか。

この記事では理学療法士が行うリハビリの効果について解説します。

最後まで読めば理学療法士のリハビリに効果があると再認識していただけます。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

理学療法士はリハビリの中で理学療法を行う人

はじめにリハビリという言葉について再確認してみましょう。

リハビリとは「リハビリテーション」という言葉を略したものです。

リハビリテーションとは身体や心の機能を回復させ、社会復帰できる状態に戻す過程のことを指します。

理学療法士はその中でも身体を機能回復させるための手法の専門家です。

理学療法士が行うリハビリの効果とは

ケガや病気はその後が決まっている

医療の世界ではケガや病気には「予後」というものがあるとされています。

予後にしたがって一定の症状をたどっていくことが知られています。

そのため理学療法士がリハビリをしても効果は少なく、予後の通りになるという意見があります。

同様の意味で年齢による病気もリハビリの効果は無いという考えがあります。

ところが理学療法士が行うリハビリには効果を出す「考え方」があります。

身体には治る部分が残されている

理学療法士は患者様や利用者様の「治る機能」と「治らない機能」を細かく見極めることができます。

例えば膝を人工の関節に入れ替える手術をされた患者様がいたとします。

人工膝関節になると正座はできないとされています。

したがって理学療法士が行うリハビリでも正座は目指しません。

しかし人工膝関節になっても歩くことができ、仕事をすることができます。

理学療法士が行うリハビリでは個々の社会復帰目標に合わせて治せる機能を入念に治療します。

また人工膝関節の手術を選択された方は、膝や周辺の筋肉などの機能が長年低下していた可能性があります。

理学療法士が行うリハビリでは手術をしたことで機能回復できる機能を見極めて治療します。

そのため理学療法士が行うリハビリは効果的に機能回復できるのです。

理学療法士が行うリハビリには効果があります。

理学療法士が行うリハビリの効果は一見すると分かりにくいかもしれません。

ケガや病気はその後どのようになるかある程度決まっています。

理学療法士が行うリハビリではその中で残された機能や回復できる能力を見極めて治療することができます。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする