理学療法士のやりがいと社会的な役割り

理学療法士として働く人が増えています。

でも病院や施設の中で働いている人が多いので、どのようなやりがいを持って仕事をしているのか分かりにくいと思います。

また社会の中でどのような役割りを担っているのかも見えにくいと思います。

でも他の仕事と同じように、理学療法士はやりがいが多くあります。

また社会的にも大きな役割りを担っています。

この記事では理学療法士のやりがいと社会的な役割りについて解説します。

この記事を読めば理学療法士の仕事の重要性が理解できると思います。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

理学療法士が胸に抱き続けているやりがいとは

理学療法士は病気やケガなどで身体の機能が低下した人の回復を手伝う仕事です。

さらに多くの場合、機能回復ができる部分とできない部分があります。

またリハビリを受ける人に取り巻く環境やその人自身が持つ希望や要求があります。

そして大きな機能低下をした人はその回復に不安や絶望を抱くことがあります。

理学療法士はそれらを総合的に分析して、最大限の機能回復を目指す取り組みをします。

そのため理学療法士は機能低下した人の今後の人生を左右する大きな役割りを担っていると言えるのです。

そして理学療法士はそういった人たちが無事社会復帰できることに大きなやりがいを感じるのです。

理学療法士の役割りは世界を幸せにすること

理学療法士が活躍すれば景気が良くなる

さらに見方を変えれば経済社会においても大きな役割りを持っている仕事です。

人は低下した機能が回復すると動くことに自信を持つようになります。

動くことができれば人は何かしら仕事をしようとします。

仕事をすると他の誰かが助かります。

仕事をするとお金がもらえることがあります。

お金が手に入れば人は欲しいものを買う機会が増えます。

お金を使って様々な人たちと交流が深まります。

つまり動くことができる人が増えると、その分だけ経済活動が活発になるのです。

多くの人が理学療法士の活躍を望んでいます

最後に個人的な経験をお話します。

私は患者さんに「治ったら何がしたいですか?」という質問をすることがあります。

その時多くの人は「働きたい」「旅行に行きたい」「孫の世話をしたい」など、積極的に社会参加することを言われます。

このように理学療法士が良い仕事をすることができれば、多くの人が社会復帰して幸せになるのです。

理学療法士はそんな役割りにやりがいを感じて日々取り組んでいるのです。

理学療法士が持っている矜持(きょうじ)とは

理学療法士は自分の知識や技術を最大限に発揮して身体の機能が低下した人を社会復帰させることにやりがいを感じています。

理学療法士は人を幸せにし、社会を豊かにする重大な役割を担っています。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする