理学療法士とは?その仕事内容について

高齢化社会になり理学療法士になる人の数が急増しました。

学生の間でも進路先として広く知られるようになりました。

ところで皆さんは理学療法士がどのような仕事をしているかご存知でしょうか。

この記事では理学療法士とはどのような仕事内容があるのかについて解説します。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

理学療法士の法的な定義

理学療法士とは国家資格です。

そのため法的にその定義が決められています。

「理学療法士及び作業療法士法」では理学療法について以下のように定めています。

「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」

したがって理学療法士の仕事内容は上記の業務を行う専門家であると言えます。

理学療法士の仕事内容はいろいろあります。

理学療法士とは専門家であるため仕事内容は限られているように見えます。

ところがその専門性を生かして様々な分野に仕事内容を広げています。

病院やクリニック

病院やクリニックにはケガや病気によって動作能力が低下してしまった人たちがいます。

理学療法士はそういった人たちに対して動作能力を改善するための治療を行います。

理学療法士が国家資格になった当初から現在まで、最も多くの理学療法士が働いている仕事内容です。

障がい児施設など

生まれながら障がいを持った子供たちは身体機能の発達が遅れることがあります。

理学療法士はそういった子供たちが集まる施設にて機能発達を促す訓練を行います。

特殊な領域ですが重要な仕事内容だと言えます。

介護施設

介護施設はケガや病気に加えて高齢による動作能力が低下した人たちがいます。

理学療法士はそういった人たちに能力の維持や低下の予防を行います。

高齢化社会の中で急速に需要が拡大している仕事内容です。

スポーツチーム

理学療法士はその専門性を生かして、スポーツに取り組む人たちに対して機能向上や故障からの回復や予防を行います。

地域のスポーツクラブや学校の運動部、そしてプロスポーツチームと幅広い領域で理学療法士が活躍している仕事内容です。

健康増進

理学療法士は病気ではない人たちに対しても、予防や健康維持のために適切な体操や運動を指導することができます。

地域のコミュニティやスポーツジムなどから需要が増えつつある仕事内容です。

教育や研究

理学療法は医学の一分野として日々発展しなければなりません。

また後進の育成も継続的に行う必要があります。

そのため養成校の教員や企業などに所属して教育や研究に取り組みます。

その他

理学療法士は他の資格などでキャリアアップをすることで住宅や地域のバリアフリー化のアドバイスを行う人がいます。

仕事内容の多様化が進む

理学療法士とは国家資格なので法的に定められた仕事内容があります。

理学療法士の専門性が医療や介護だけでなく幅広い領域で仕事が生まれています。

今後、より様々な仕事内容が生まれてくると考えられます。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする