理学療法士って英語が必要ですか?

理学療法士という仕事は西洋医学の中で発達し、日本にやってきた職業です。

そのためアメリカやヨーロッパ諸国でも理学療法士が活躍しています。

また、理学療法士養成校の入学試験で英語が課されていることが多くあります。

では、日本の理学療法士にとって英語はどの程度必要なものなのでしょうか?

この記事では理学療法士に必要な英語について解説します。

一般的な仕事に英会話をする場面はほぼない

多くの理学療法士が働く現場は、日本国内にある病院など医療機関か老健など介護施設です。

また対象となる患者さん・利用者さんもほとんどが日本人です。

そのため日常の業務の中で英会話が出ることはありません。

まれに日本語ができない患者さんが来られることがありますが、その場合も通訳のできる人が付き添ってくることがほとんどです。

そのため、「英語ペラペラです」と言える英語の能力は無くても大丈夫です。

最低限必要なレベルと英語の能力が必要な進路

ただ英語の知識が全く不要というものではありません。

業務の上で最低限知っておきたいレベルがあります。

また目指すキャリアによっては英語が必須項目になることがあります。

専門用語の英単語

理学療法士は医師の指示の下で働くことが多い仕事です。

当然ながら医師とのコミュニケーションをとる機会が多くあります。

その時多くの医師は専門用語を英語で話し、記載します。

また理学療法士間のコミュニケーションでも専門用語は英語にしていることが多くあります。

したがって、日常の業務でも専門用語に関しては英語の知識が必要になります。

理学療法士であれば、筋肉や骨の名称を英語でも分かるようになれば便利です。

英語の論文

冒頭で紹介した通り、理学療法士は世界中で活躍しています。

そして研究や論文作成も世界中で行われています。

そのため最新の知見が英語で書かれていることがあります。

その文面は、難関大学を受験する人が読むレベルが多くあります。

したがって積極的に最新も知見を求める人には大学受験レベルの英語能力が必要になります。

大学院への進学には英語が必要

近年は大学院の進学を希望する理学療法士が増えています。

大学院では理学療法に関するより高い知識を学習し、研究をします。

そのため先ほど述べた英語の論文を読み込む能力が必要です。

また、大学院への受験の段階で「英語が必要」と提示しているところもあります。

当然ですが、海外で理学療法士として活躍したい人は相応の英語能力が必要です。

英語のできる理学療法士はやはりかっこいい

日本国内で働く理学療法士に高い英語力は必要としません。

専門用語の英語に関しては必要なので覚えていきましょう。

知識を身につければ英語の論文を読むことができます。

大学院や海外勤務を目指す理学療法士は高い英語力が必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする