理学療法士と作業療法士の違い

超高齢化社会を迎える日本では、リハビリテーションに関わる仕事への注目が高まっています。

その中でメインのプレーヤーとして活躍するのが理学療法士と作業療法士です。

でもお見舞いなどでリハビリ室を見ていても「リハビリの人はたくさんいるけど、理学療法士と作業療法士の違いが分からない。」と思います。

この記事では両者の違いについて解説します。

理学療法士は物理や運動の知識を用いてリハビリをします

理学療法士とは英語ではPhysical Therapist(フィジカルセラピスト)といい、業界内ではPT(ピーティー)と呼ばれることが多いです。

フィジカルとは物理的という意味で、セラピストは療法士という意味です。

したがって理学療法士は物理的な治療法を行うプロフェッショナルだと言えます。

物理的手段として、けん引や温熱、そして各種電気治療器などを用いた治療を行います。

また身体の物理的な構造や機能にも詳しいため体操や運動を用いた治療技術を行い、機能回復を目指します。

そしてそれらを踏まえて起立や歩行といった動作訓練を行うのが理学療法士の主な業務です。

そのため理学療法士は病院や介護施設での機能訓練だけでなく、スポーツトレーナーや健康増進のための体操指導の分野に職域が広がっています。

作業療法士は日常の作業を用いてリハビリをします

作業療法士は英語でOccupational Therapist(オカペーショナルセラピスト)といい、業界内では略してOT(オーティー)と呼ばれることが多いです。

オカペーショナルとは「職業の」という意味があります。

したがって作業療法士はより明確な目的を持った作業を行いながらその行為の機能回復を行います。

例えばトイレ動作や着替えといった自分の身の回りの世話、調理や清掃といった家事動作、それから職場復帰のための作業を訓練します。

また精神の障がいに対して上記の作業以外に、レクリエーションや創作活動を用いた訓練を行うことがあります。

そのため作業療法士の職域も病院や介護施設にとどまらず、障がい者施設や児童福祉施設、そして就労支援施設で活躍する人が増えています。

違いはあるけど互いの仕事を協力することができます

このように理学療法士、作業療法士はいずれも病気やけがによって生じた機能障がいに対して治療や訓練を行います。

その中で理学療法士は運動機能の回復に特化し、作業療法士は社会適応能力の改善に特化している点に違いがあります。

ただ両者の治療や訓練の領域にはっきりとした線引きは無く、実際の場面では理学療法士がトイレ動作の指導をすることがあり、作業療法士が筋トレやストレッチをすることがあります。

この点が病院や介護施設のリハビリ場面では理学療法士と作業療法士の違いが分かりにくい理由なのです。