理学療法士免許を変更したり紛失した時の対応について

理学療法士は国家試験に合格し申請をすれば理学療法士免許を得ることができます。

一度理学療法士免許を取得すれば基本的には生涯有効になります。

ところが、結婚などで名字が変わるなど理学療法士免許に書かれている内容が変更されたときにどうすれば良いのでしょうか。

また、万が一理学療法士免許を紛失してしまった時は再発行ができるのでしょうか。

この記事では理学療法士免許の内容変更や紛失時の対応について解説します。

最後までお読みいただければ、内容変更や紛失時に何をすればよいのかが理解できます。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

理学療法士免許の内容変更について

理学療法士免許には氏名と本籍地のある都道府県が記載されています。

結婚や引っ越しなどでこの内容が変更される時は、変更後30日以内に理学療法士名簿の訂正と免許証書き換え申請手続というものを行わなければなりません。

所定の申請用紙に必要事項を記入し、戸籍抄本(謄本)、そして変更前の理学療法士免許を用意します。

そして手数料として1,000円分の収入印紙を添えて住所地の保健所に提出します。

なお、変更後30日を超えてしまった場合は、遅延理由書という書類も提出する必要があります。

申請後2,3ヵ月で変更された理学療法士免許が交付されます。

交付時は運転免許証など本人の確認ができるものを提示する必要があります。

理学療法士免許の紛失時について

災害や盗難などで理学療法士免許が無くなってしまうことがあります。

また、自己管理不足による紛失もあるかもしれません。

理学療法士免許を紛失した場合は、すみやかに再交付の申請をしてください。

理学療法士免許証再交付申請手続というものにしたがって行います。

所定の申請用紙に必要事項を記入し、住民票もしくは戸籍抄本(謄本)を用意してください。

コピーの理学療法士免許があれば添えたほうが良いでしょう。

そして手数料として3,100円分の収入印紙を添えて住所地の保健所に提出してください。

申請後2,3ヵ月で理学療法士免許が再交付されます。

再交付時は運転免許証など本人の確認ができるものを提示する必要があります。

理学療法士免許は非常に大切な書類です

理学療法士は国家資格として身分を保証できる重要な書類です。

したがって理学療法士免許の管理は理学療法士の職務として大切なことです。

ご自身の環境の変化に合わせて、理学療法士免許の所在の確認と記載されている内容のチェックをするようにしましょう。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする