理学療法士とマッサージ師は違いがあるの?

理学療法士の仕事をしていると、患者様や利用者様から「マッサージの先生」と呼ばれることがあります。

また、理学療法士が行う理学療法に対してマッサージをしてもらっていると思われる方がいます。

実際、周りから理学療法の業務を見ても、理学療法士とマッサージ師の違いが分かりにくいようです。

これには、業務内容に似通った点があることと、日本のリハビリテーションサービスの歴史的背景が関係しているのです。

この記事では、理学療法士とマッサージ師の違いについて解説します。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

資格としての違い

まず理学療法士とマッサージ師は資格としての違いがあります。

理学療法士

理学療法士は医師の指示のもとケガや病気で運動機能が落ちた人に対して物理療法や運動や体操の指導を行うことができる国家資格です。

マッサージ師

マッサージ師とは「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を持っている人のことを指します。

あん摩・マッサージ・指圧の技術を用いて人体の体調不良を改善させることができます。

違いが分かりにくい理由

このように理学療法士とマッサージ師は資格や業務についての区別ははっきりしています。

しかし実際の業務ではその境界が分かりにくいようです。

これには2つの理由が考えられます。

歴史的背景によるもの

理学療法士の数が少なかったころ、医療機関でのリハビリテーションをマッサージ師が中心になって行っていました。

現在でも一定の講習を受けることで医療機関でのリハビリテーションにて診療報酬を請求することができるようになっています。

こういった歴史的背景が理学療法士とマッサージ師が混同されやすい要素になっているのです。

マッサージではないのですが

理学療法士とマッサージ師は人の体を触って、機能改善させる技術を持っています。

理学療法士は筋肉をストレッチすることや、関節を緩める技術を用いることがあります。

これらはマッサージとは違うものですが、患者様や利用者様にとってはマッサージとの違いが分かりにくいようです。

こうしたことも、理学療法士とマッサージ師の違いを分かりにくくしていると考えられます。

互いの良さを活かしあうこと

理学療法士とマッサージ師は資格としては全くの別物で、学習する内容も違います。

ただし人の体を触って治すことに共通の領域があります。

また医療機関のリハビリテーションにおいても両者の共存が容認されているのです。

実際の業務においては、両者の知識や技術は共有して高めあうことが理想的だと言えそうです。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする