理学療法士は留学して仕事をすることができるのか?

理学療法士は西洋医学の中で生まれ発展してきました。

そのため理学療法士たちによる研究においても最先端であると言われています。

日本の理学療法士の中にも海外に留学したいと考える人がいます。

また留学先で仕事につくことでさらに幅広い経験をしたいと考えるかもしれません。

この記事では理学療法士の留学についての解説と、留学先で仕事につくための方法について解説します。

最後までお読みいただければ理学療法士の留学についてより理解できると思います。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

留学して仕事をする2つの方法

理学療法士が留学をするパターンとして、日本で理学療法士免許を取得してから海外留学をすると言うものがあります。

この場合、留学先でも理学療法士免許を取得すれば仕事につくことができます。

一方日本で理学療法士の資格を取る前に、留学先で理学療法士の養成校に入学して留学先で理学療法士免許を取得する人もいます

この場合、日本で仕事につくためには日本の理学療法士国家試験を受験し合格する必要があります。

いずれにせよ留学するためにはTOFLEで一定の点数を取り、留学先の選考に応募して受験する必要があります。

したがって海外在住経験のない日本人が留学を行う場合、自主的な英語学習を積まなければなりません。

費用面に関しても課題になります。

日本の理学療法士に人気のあるオーストラリアやアメリカへの留学の場合、滞在費も含めると数百万円から1千万円程度のお金が必要となります。

ここまで聞くと理学療法士として留学して仕事をするにはかなりのハードルがあるように見えます。

しかし明確な目標を持って取り組むことで、実現した理学療法士もいます。

養成校での海外研修

理学療法士として海外留学をすることは簡単なことではありません。

しかし、手軽に海外の理学療法士事情を知る機会として短期の留学(海外研修)を実施している養成校があります。

また、インターネットを用いた海外の講義を聴講できるようにしている養成校もあります。

将来的に留学や留学先で仕事をすることを想定している人は、海外研修のある養成校に進まれて留学体験されてみるという手があります。

留学を考えているのなら

理学療法士が留学することは海外で仕事をするチャンスを広げます。

語学と費用の面でハードルがありますが、実現している理学療法士は存在します。

海外研修を実施している養成校で、疑似体験する方法があります。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする