理学療法士のリハビリを受けるにはいくらかかるの?

リハビリをするのなら理学療法士によるマンツーマンの治療や訓練を受けたいと思いますよね。

多くの人が理学療法士によるリハビリの効果に期待されています。

ところで実際に理学療法士によるリハビリはどのような内容で料金はどの程度なのかご存知でしょうか。

この記事では、理学療法士によるリハビリの内容と料金について解説しまし。

最後までお読みいただければ理学療法士のリハビリにかかる料金や内容について理解することができます。

(この記事で書かれる料金は全て保険証を利用しない全額負担の料金です。保険証を使うことでほとんどの人は1割~3割の負担額になります)

(この記事で書かれる料金は全て平成30年4月時点のものです)

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

医療機関での理学療法士によるリハビリ

病院や診療所で働く理学療法士によるリハビリがあります。

こういったリハビリはどの程度の内容と料金なのでしょうか。

施設状況によって変わる料金

理学療法士が病院や診療所でリハビリを行う場合、「単位数」という計算で料金が決まります。

1単位を20分として計算しています。

1単位当たりの料金は理学療法を行う病気の種類と実施する施設の状況によって460円~2450円の差があります。

これに加えて書類の作成や退院への支援などで料金が加算されることがあります。

またリハビリ病院と呼ばれるところでは、1日当たりで計算されるため料金体系に違いがあります。

料金に関してはリハビリ病院でも施設の状況によって1日当たり16320円~20850円の差があります。

リハビリ内容の違い

リハビリ内容も病気の種類によって大きく変わります。

病気によって機能が低下する部分が違います。

そのためそれぞれの部分に応じた治療や訓練の方法があるためです。

さらに自宅生活や職業復帰を目指す段階になると、人によって求められる動作に違いが出てきます。

したがってその人に合わせた動作訓練がプログラムされることになります。

介護サービスによる理学療法士のリハビリ

最近では介護保険を利用して理学療法士によるリハビリを受ける人が増えています。

介護保険のリハビリは病気の種類ではなく介護度によって料金が変わります。

リハビリ内容も介護度によって変化します。

通所リハビリの場合、料金は要介護1の人が最も安く1時間で約3000円になります。

要介護5の人が最も高く、1時間で4000円以上かかります。

要支援の人は1月当たり約17000円~約36000円となります。

訪問リハビリの場合は1単位を20分として計算し、1単位2900円となっています。

いずれのサービスも書類の作成や集中的なリハビリの実施などで料金が加算される場合があります。

この金額を支払うことは無いですが

ほとんどの人は保険証を使ってリハビリを受けることができます。

そのためこの記事で書いた料金を払うことになりません。

しかし、本当はこれぐらいの料金を払って受けている治療や訓練であることを意識することが大切です。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする