理学療法士になるときに使えるローンと奨学金

理学療法士になりたいとあこがれる人は多いと思います。

ところがいざ養成校に入学しようとしても、その学費を見るとビックリしますよね。

それでもどうしても理学療法士になりたい人はローンや奨学金を借りて学費を払うという方法があります。

そして理学療法士ならではのローンや奨学金があることをご存知でしょうか。

この記事では理学療法士になるときに使えるローンと奨学金について紹介します。

これを読めば、お金が無くても理学療法士になれるかもしれません。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

一般的な学費ローンや奨学金

一般的に学生向けのローンや奨学金があることはよく知られています。

理学療法士の養成校でも同様のローンや奨学金を受けることが可能です。

日本学生支援機構の奨学金

最も知られている奨学金です。

経済的に苦しい優秀な学生を対象としています。

奨学金には貸与型と給付型があります。

日本政策金融公庫

政府系金融機関でもローンをすることができます。

最大350万円まで借りることができます。

在学中は金利のみの返済に免除される仕組みになっています。

また低所得者や子供の多い世帯では優遇措置があります。

一般の金融機関

銀行やカード会社を中心にローンを行っています。

養成校と提携して借り入れをスムーズにしていることがあります。

理学療法士だから借りられるローンや奨学金

これら一般的なローンや奨学金とは別に、理学療法士の養成校という理由で借りることができるローンや奨学金があります。

地方自治体が実施する奨学金制度

資格取得後一定の年数を給付する自治体で働くことで、返済を免除されることが多い制度です。

入学後や新年度に募集が出る場合があります。

医療法人や施設が実施する奨学金制度

こちらも資格取得後、給付する法人や施設にて勤務することで返済を免除されることが多いです。

養成校によっては入学決定時に契約を結ぶことができる場合があります。

学内で実施される奨学金制度

成績優秀者など一定の条件をクリアした学生には学費の免除が受けられる場合があります。

養成校によっては卒業生や在校生の親族であれば学費が安くなる場合があります。

理学療法士は学費面で優遇されています

理学療法士が制度化された当初、人材の育成が急務でした。

そのため国立の養成校では学費を極力抑えて、優秀な人材を集めていました。

筆者も国立の養成校を出ていますが、政府から奨学金を受けて理学療法士になったのだと自覚し職務を行っています。

今でこそこういった優遇は無くなりましたが、上記の様なローンや奨学金が存在しています。

多くの人達の期待を背負って理学療法士になってみることも自身が成長する糧になるかもしれません。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする