理学療法士の国家試験合格勉強法

理学療法士は国家資格のため、資格を得るために国家試験を受験し合格する必要があります。

国家試験と聞けば相当高いハードルのように聞こえます。

合格率も近年は低下しているという話もあります。

でもこれまで多くの人達が国家試験を突破して、理学療法士として活躍しています。

では理学療法士の国家試験に合格するための勉強法があるのでしょうか。

この記事では理学療法士国家試験突破のための勉強法について解説します。

試験対策の鉄板中の鉄板

何はともあれ過去問

世の中には様々な試験と呼ばれるものがありますが、いずれの試験でも合格するための王道と言える勉強法があります。

それはできるだけ多くの過去問をこなしていくことです。

出題される範囲に変更がなければ、過去に出題された問題が次の国家試験問題を作る時の参考になります。

運が良ければ過去問と全く同じ問題が出る可能性もあります。

過去問で自己分析してテキストで補習

過去問を解き続けることで自分が間違えやすい問題や、理解が不十分な分野の傾向を分析することができます。

そういった分野に関しては、テキストに戻って十分な復習をします。

復習には授業で使われたテキストを使っても良いですが、国家試験対策用の参考書を入手して理解するほうが効率的です。

試験直前の対策も重要ですが

理学療法士の国家試験は対策にかけられる時間が限られています。

それは所定の学習を終えるのが国家試験の数か月前になるからです。

3年制の養成校はカリキュラムがタイトに設定されていることが多いので、3月ごろの国家試験に対して、年が明けてからしか対策を始められないこともあります。

そのため本格的な国家試験対策をする前からある程度習熟している状態になっていることが必要です。

国家試験に合格できなかった人たちの多くは就学期間中の学習に不十分な点があり、直前の国家試験対策だけでは間に合わなかったのです。

そもそも国家試験と言っても出題範囲は養成校で学んできたものだけです。

したがって入学した時から理学療法士になるために着実な学習を続けることが最も効率的な合格勉強法なのです。

着実に勉強していれば合格できます

過去問を数多くこなしていくことが国家試験勉強法の王道です。

過去問をすることで自分の苦手分野を知り、対策を立てやすくなります。

理学療法士の国家試験は養成校で学んだことから出題されます。

したがって、学生時代の日々の積み重ねが国家試験合格に影響します。