理学療法士は本当に有利な資格なのか?

筆者が理学療法士としてよく聞かれる質問に、「接骨院さんやマッサージ師さんと何が違うのですか。」と言うものがあります。

実際、一般の人たちには理学療法士はマッサージ師や柔道整復師、整体師といった職業の人たちと同じように思われています。

進路を考える人たちにとって、これらの職業と理学療法士のどちらが有利な資格なのかということは気になると思います。

ところで、理学療法士はこれらの資格の中でも様々な面で有利な資格であることをご存知でしょうか。

この記事では理学療法士が有利な資格であることについて解説します。

これを知っておけば少し難しいと感じていたとしても理学療法士を目指そうと思うことができます。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

リハビリという領域は理学療法士が有利な資格です

医療や介護でのリハビリテーションは医師の指示のもと理学療法士が中心になって仕事をすることになっています。

柔道整復師やマッサージ師が医療機関や介護施設で働くことは可能ですが、制度的に理学療法士より優遇されていないため採用に積極的な施設は少ないようです。

医療機関や介護施設で働くうえでは理学療法士は間違いなく有利な資格だと言えます。

開業できないことは不利なのか

柔道整復師やマッサージ師は自分で開業できるから理学療法士より有利な資格だと考える人がいます。

その見方は間違ってはいません。

ただしこの「開業できる権利」といわれるものは、いわゆる「健康保険」を使って格安に施術ができるというものです。

さらに健康保険を適用できる範囲は限られており、その範囲で得られる収入にも限界があります。

そのため柔道整復師やマッサージ師は健康保険を使わない施術を併せて行っているのが現状です。

健康保険を使わない施術であれば、理学療法士でも十分に行うことができます。

実際にこの領域で開業している理学療法士も多くいます。

理学療法士の方が選択の幅が広い

このように理学療法士が開業できないことは大きなデメリットにはなりません。

むしろ柔道整復師やマッサージ師は将来的には開業して軌道に乗せていくことにしか選択肢が限られているといえます。

一方で理学療法士は真摯に仕事に取り組めば医療機関や介護施設で働き続けることも可能です。

もちろん健康増進や予防の領域で開業を目指すこともできます。

したがって理学療法士は柔道整復師やマッサージ師よりも有利な資格だと言えるのです。

ケガや病気の治療から健康増進や予防リハビリまで

医療や介護でのリハビリでは理学療法士が有利な資格です。

理学療法士に開業権はありませんが、大きなデメリットにはなっていません。

将来の選択肢が多いという点でも理学療法士は有利な資格です。

スポンサーリンク
rigakuryohoshiレクタングル大

rigakuryohoshiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする